Spirit

お客様の暮らしをもっと豊かに。
もっと喜びを届けたい
工藤 健悟
Kudou Kengo
取締役常務執行役員 一級建築

札幌市生まれ。札幌の建築会社での勤務を経て現職。一級建築士として、設計をはじめお客様の家づくり全般をサポートしている。国内外の有名建築を見てまわることが趣味の一つ。

工藤 健悟

「建築の力」に魅了されて、
住宅設計の道へ

私は住宅建築に携わりたくて、この仕事を選びました。きっかけは学生時代。ある日、犬の散歩で近所の住宅街を歩いていると、つい最近まではなかった洗練されたデザインの住宅ができていることに気づいたのです。その家が建ったことで、それまで平凡だった街並みの印象が変わり、すごく素敵な風景になりました。学生ながらに地域の景色や空気感を変え、人に感動を与える建築の力に魅了されました。その瞬間の衝撃と感動が、今も自分の仕事の原動力になっています。

家づくりでは、私は家族の一員になったような気持ちでお客様と接しています。何度も何度も会話を重ねる中で、お客様が想い描いていることを一つひとつ拾い上げ、形にしていきます。一方で、プロとして客観視する部分も大事にしています。当社では、設計担当の一級建築士が家づくりを一貫してサポートします。長いプロセスの中でたくさんの情報に触れるお客様の想いや要望は、大きく揺れ動きます。もちろん変わるのは自然なことで尊重していますが、場合によっては初心も大事。ですので、予算面も含めて「お客様の最初の想い」も意識しながら提案しています。ご家族の「豊かな暮らし」のため、家づくりにおけるさまざまな側面からプロとしてアドバイスしていくことが、自分の役割だと考えています。

工藤 健悟

お客様の暮らしをもっと豊かに。
もっと喜びを届けたい

現代の家づくりでは、工法、建材、設備、住宅性能、設計手法など、その一つひとつに数多くの選択肢が存在します。しかし建築は専門性が高い上に正解が無数にあり、どの方法を選択するのが自分たちにとってベストなのかをお客様自身で判断するのは、とても難しいと思います。そのため私は、お客様に分かりやすく説明することはもちろん、建築士としての倫理観を持ってご提案することを大切にしています。

幸せな暮らしにとって「家」は重要なファクターで、「良い家が、家族を幸せにする」という部分があると思います。これからも、より高い品質の住宅を提供することで一つでも多くの幸せをつくっていけたら…。私はとにかくお客様に喜んでもらえるのが嬉しいので、ただそれを一心に突き詰めて、もっともっと喜びを届けていきたいです。お客様のご要望や住宅への想いは千差万別。その多様な理想をカタチにするための提案力に、ご期待いただければと思います。