SCROLL

VISION & STANCE

『新しい価値を創造すること』
それが私たちの理念です。

スター・ウェッジの家には、決まった「カタチ」がありません。多様化するライフスタイルに柔軟に対応し、住まう家族それぞれが「心地よい」と感じる空間を構築すること。既成概念を払拭した先に見える自由な発想を大切にすること。これらの考えを表す「新しい価値を創造すること」をポリシーとして、私たちは日々家づくりに向き合っています。

先人たちが培ってきた建築技術が叶える「冬も夏も快適に過ごせる高性能住宅」をベースに、グローバルな視点をもった現代の感覚や解釈を融合。スター・ウェッジは、住まう人にとっての新たな価値を創造し、「未来を見据えた家づくり」を目指します。

DESIGN

デザイン

プラニングの際に私たちがまず考えるのは、パーツではなく全体の物語です。どんな家族が住むのか、どんな暮らしをするのか。住まいの構成要素を踏まえながら、さながら映画のストーリーをつくるようにデザインを組み立てていきます。

そうした住まい手目線のデザインに加えて、家には機能性とともに美しさや華やかさ、明るさといった魅力も必要です。光がもたらす陰影や、無垢材の質感、石やタイルの硬質的な美しさも大切な要素です。私たちは洗練されながらも長く住み継がれる普遍的な価値のある住まいを追求しています。

また、スター・ウェッジの「デザイン」の定義の中には、コストデザインも含まれています。お客様のニーズに対して、本体・付帯工事や諸費用、カーテン・照明類まで含めたご予算を提案。土地取得に関する取り決めや費用についてもわかりやすくご案内。綿密な計算の上で予算調整を行う「生きた予算組み」を心がけています。

スター・ウェッジの設計はすべてフリープラン。理想とするデザインやライフスタイル、立地条件やコストを総合的に勘案し、どこにもないあなただけのデザインを創造します。

COMMUNI
CATION

コミュニケーション

より良いデザインは、より良いコミュニケーションの上にあると私たちは考えています。家づくりは住まう人にとって一世一代の大仕事であり、私たちとお客様にとっての共同プロジェクト。快適で住み良い空間をともに考え、お客様が漠然と思い浮かべていた理想の住まいを、より一層ブラッシュアップさせ、具現化させることが私たちの役割です。

だからこそ、私たちはまずお客様の声にじっくりと耳を傾けます。そして対話の中からお客様のライフスタイルに最適な住まいとは何かを考えてプランを構築し、信頼関係を育みながら豊かな空間を創造します。家づくりから始まったお客様との関係は、家を建てた後もずっと続きます。スター・ウェッジではお客様への感謝とお客様同士の懇親の場として、年に一度夏祭りを開催しています。

私たちは家を建てるだけではなく、ライフスタイルプロデューサーとして、豊かな暮らし方をお客様に提案していきたいと考えています。イベントや交流での体験や発見が、お客様の日々の暮らしに彩りを添えるエッセンスとなるように、これからもさまざまな企画をしていきます。

TECHNOLOGY &
INNOVATION

テクノロジー & イノベーション

冬は暖かく、夏も快適な高性能住宅を支えているのは、諸先輩たちが培ってきた建築技術です。その伝統的な家づくりをベースに、最先端のテクノロジーを導入することで既存のデメリットを改善。より快適で、長く安心して暮らせる長寿命な住まいをつくり上げます。

そして、既存のアイデアや技術は他の会社にもあります。私たちは「今、存在しないもの」「不可能とされているもの」にも目を向け、それが何故存在しないのか、本当に実現不可能なのかを考えます。常に新しいアイデアを取り入れながら前に進み、求められる以上のサプライズをお客様にご提案。「最先端テクノロジー」と「匠の技」、「新しいアイデア」を融合させた、スター・ウェッジのオリジナルデザインをお届けします。

木造軸組工法

【金物工法】

日本の気候・風土に適し、窓の大きさ・間取りなどの自由度が高い木造軸組工法は、現在もっとも広く普及している工法です。スター・ウェッジでは、木造軸組工法の弱点とされてきた柱・梁接合部の断面欠損を減らすため、継手・仕口を構造金物とドリフトピンで固定する「金物工法」を採用しています。

木造軸組工法

【剛床工法】

床面は面剛性を高めた「剛床工法」を採用。「剛床工法」と「金物工法」で補強された「耐力壁」とで地震時の水平力に強い、耐震性に優れた建物を実現しています。

付加断熱工法

【充填断熱工法+外張断熱工法】

柱間に断熱材を施工する充填断熱工法と外側に断熱材を施工する外張断熱工法を組み合わせ、ふたつの断熱方法のデメリットを解消した付加断熱工法で、高断熱住宅を提供しています。熱伝導率が低く繊維状で柔軟性があるグラスウールを採用し、断熱層を厚くすることで、高い断熱性を確保し経年劣化による断熱性能の低下も防いでいます。スター・ウェッジの住宅は平成27年4月1日から完全施行された「平成25年改正省エネルギー基準」に対応し、断熱等性能等級は最上位の等級4[UA値:0.46W/㎡K]となっています。

樹脂サッシ

Low- E 金属膜をガラスにコーティングし、複層ガラスの中空層に、熱伝導率が低い「アルゴンガス」を封入することで断熱性・遮熱性を向上します。冷暖房効率を高め、省エネルギー性に優れています。

第三種換気方式

【24時間換気システム】

建築基準法で義務付けとなっている24時間換気システムのうち、スター・ウェッジでは第三種換気方式を採用しています。高気密・高断熱の住宅であるため、第三種換気方式を採用することで安定した換気を確保し、その部屋の性質に合わせて機械排気を設けることで、室内の結露の発生を抑制します。また、機械排気により室内が負圧となり、壁体内への湿気の侵入を抑制し、メンテナンス性にも優れているため、建物の長寿命化にも効果があります。

ホルムアルデヒド放散等級表

F☆☆☆☆はホルムアルデヒド放散等級の最上位等級を示します。弊社では、家具・建具・クロスなど全てF☆☆☆☆を使用しております。

1-6
2-6
SUSTAINABLE DESIGN COMPANY