CSR

市内少年野球チームにミットを寄贈しました

先日2月24日、地域貢献活動の一環として、札幌市東区を中心に活動する少年野球チームにミットを寄贈いたしました。

体育館の扉を開けると、チームの皆さんのキラキラした瞳と大きな声の挨拶に迎えられ、こちらが逆に元気を頂きました。

監督によると、「ただ野球を指導するだけではなく、活動を通して礼儀を教える事も大切にしている」とのこと。

また、この時期は雪のためグラウンドが使えない中、小学校の体育館やドームを利用して練習に勤しんでいるそうです。

雪国という不利な練習環境をバネにして頑張ってほしいですね。

チームの皆さん、これからも応援しています!